スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死が教えてくれた事

6年前に亡くした先代ゴールデン☆ハリーは11歳で
たった2か月の介護で逝ってしまいました。

今思えば、全然大変じゃなかったのに
私は毎日、大変大変って過ごしていました。

ハリーを亡くした日
昨日までの幸せに
ようやく気付きました。

13101601.jpg


その思いがあって

マッシュの介護の日々は
大変だったけれど幸せを
たっぷり感じられました。


私が後悔しないように

マッシュはすごく頑張ってくれました。

いっぱい頑張ってくれたから

もっと頑張って欲しかった。って思ったら可哀想と思いました。


今、ここに居てくれたら…

クリスマスもお正月も一緒に迎えられたら…と
思います。

でも…

じゃあいつだったらいいですよ。…って

ないから…


だから
納得して受け止めなきゃって。思っています。



ハリーを亡くした時は
過去の幸せに気付けなかった後悔しかなく
絶望の中、毎日泣いて暮らしました。

くーちんをペットショップで見つけて連れて帰り
こーる君もペットショップで見つけて連れて帰り

ようやく生があって死があるんだと
納得して乗り越えられました。


マッシュが教えてくれたのは
今の幸せにも気づく事でした。


ハリーを亡くした時は
マッシュがいました。
マッシュがいた、あの日を
もっと大事にすれば良かったと今思います。


次、順番通りだと
亡くすのはこーる君です。


もしかしたら
明日かもしれません。


そう思うと
マッシュを想いながら
今を大事に過ごさなきゃって思っています。


13101602.jpg

たくさんの人に想ってもらえて
幸せだね。・*マッシュ。・*




ハリーとマッシュに出会えて良かった。・*
たくさんの悲しみが少しでも癒されますように。・*
ポチッと↓応援お願いします。・*
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


【10/16 15:00追記】
コメント認証されないんです。と
鍵コメでクレままさんがコメント下さいました(>_<)

もしかして同じ方がいらっしゃいましたか…?

先ほどFC2に問い合わせてみました。
ちょっとお時間あけて
またコメントいただけたら嬉しいです。

鍵コメだと届くようです。
ご迷惑おかけしています(*ノωノ)
よろしくお願いします。・*


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

クレまま

おはようございます。

飼っている子たちを亡くすと私も毎回後悔していました。
あの時に気づいていたらとか 他にしてあげれることは無かったのか…色々
そして次の子の時には前はこうだったからとか 早目にどうにかしないととか
亡くなっていた子たちが私達に色々教えてくれて 成長させてくれているんだなぁと今は思えるようになりました。

亡くなった悲しみは毎回とても深いですけど お空に行った子たちが私達もその子もお互いにいいタイミングでお迎えに来てくれていたのかなと時間がたつと思えるようになりました。
でないといつまでも頑張って欲しいと思いますものね。
病気で苦しんでいる子だと 最後には泣きながらもういいんだよと言えるようになりました。
それでも今でも居なくなったらお母さん生きていけない。なんて言っているんですけどね。

我が家はにゃんこを含め10匹以上見送ってようやく思えるようになったことです。

そして動物は人間より命が短いことを受け入れ 我が家ができる範囲で助けれる子は助けようという思いに家族みんながなれました。
これも今までの子の力がそうさせてくれたのだと思います。

ママさんも今はとってもお辛いと思います。
ゆっくり そばに居るマッシュ君とくーちん こーる君と前に進むといいと思います。
いつまでも応援してます。
  • URL
  • 2013/10/16 10:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/10/16 17:23

vanillamama

悲しみを乗り越えるのは たやすい事ではありません。
ましてやそれが 愛する家族ならなおのこと…
でもいつまでも悲しみにとらわれていては
今ある幸せを 見逃してしまうのですね。

マッシュ君との楽しかった日々を思い出しながら
ともさんがともさんらしく くーちんやこーるくんと
毎日を楽しめる日が 一日でも早く来るといいな☆

先代犬と言うのは 本当に色々教えてくれるものなのですね。
  • URL
  • 2013/10/16 20:40

kianchan

ともさん。
本当にその通りですね。
私は、父と過ごす時間を、そんな感じで過ごしていたと思います。
父との時間を噛み締めて、ここ数年は父に対する思いで一杯でした。
やっぱり私も、これ以上「頑張って」って父に向けるのは
本当に酷だとも思っていました。
そして、父がいてくれて、私は幸せだった。
あの時の私は、その幸せに気付いていたかどうか・・・。

ともさんが今日言ってくれた事は、私の心にとても大きな影響を
与えてくれました。
今まで上手く表現できなくていましたが、ともさんの日記に
何だか同じ感覚を覚えました。

お互い・・・・。
「いつか」はあると分かっていても、受け入れるまでには随分時間が必要ですね。

でもね。
今日。ともさんの日記を見て色々と
気付いた事。分かった事。知ったこと。
がありました。

ともさん。ありがとう。

母を大切にして。
家族を大切にして暮らして行きたいと。
気付いた気がします(^-^)

ハリーちんと、マッシュちんにもありがとうって伝えてください!!

エジママさんへ

ごめんなさい(>_<)間違ってコメント削除してしまいました(*ノωノ)

エジソン君、あまり調子が良くないのですか…
心配です(´_`。)
びっくりして、前のゴルちゃんの所が
おぼろげにした覚えてなく
さらに、なぜか消えてしまい(*ノωノ)
…ごめんなさいっ(>_<)

エジソン君…
穏やかな日々が続きますように!!
  • URL
  • 2013/10/17 08:06

クレままさんへ

いただいたコメント見つけられました☆
ありがとうございます。・*

ほんと
生きている時も
亡くなってからも
この子達はものすごく
色々教えてくれますよね。・*

自分が同じように
苦しい立場だったら
どうだろう…ってずっと考えていました。

死に対面したくないけれど
おいて私が逝くわけにはいかないし…

そう考えたら
絶対見送ってあげなくては
いけないですもんね。

かわいい♪だけで
出会った子達でしたけれど

終わりある命。
一日も一瞬も大事にしなくちゃと
思って過ごしています。
  • URL
  • 2013/10/17 08:18

鍵コメYさんへ

ほんと…
マッシュは
私に色々教えてくれました。・*

ありふれた日常が
どれだけ幸せか

ハリーを亡くした時
うちに1匹しかいない家に
帰るのが悲しくて
くーちん迎えて2匹の家になったけれど
ゴールデンがいない家が悲しくて
こーる君を迎えてようやく
心が落ち着きました。


新しい子を迎えたら
マッシュが出会わせてくれた子って
思えるかもしれないけれど
介護の時、元気な二人を
きちんと見てあげられないから
うちは、二匹がいっぱいいっぱいだなぁって
思いました。

命ある子は元気な時だって
確実にタイムリミットに近づいていますもんね。

もっともっと
命に感謝しなくちゃ☆

ポチッと応援ありがとうございます。・*
  • URL
  • 2013/10/17 08:47

kianchanさんへ

こんなに愛して
子供の様なのに
順番は自分より早くて
看取れることを幸せだと思わなくては…
なんて
親を亡くす時と少し
同じ想いになのもしれないと
思いました。

寂しいけれど順番通りな事に感謝しなくちゃ
ダメですよね(´_`。)

もし、子供が先に逝ってしまったら
どう受け入れていいか…

家族を大切に。・*

ほんとそうですよね(ノωノ)。

毎日、大事。大事。

ハリーとマッシュにありがとうって
私の気持ちと一緒に伝えておきます(´∀`。)

ありがとうございます。・*

  • URL
  • 2013/10/17 09:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/10/17 17:29

鍵コメYさんへ

メール待っています。・*
  • URL
  • 2013/10/18 05:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/10/21 11:23

鍵コメJさんへ

お久しぶりです(*´∀`*)
ありがとうございます。・*

私は大分落ち着きました。
まだ時々、あ…お買い物に行けるのか…とか
思いますが。

マッシュ中心の生活に少しずつ慣れて行ってたので
そんなに、大変って思っていなかったのですが
普通の生活から振り返ってみると大変だったんですね(ノ´∀`*)

でも、ほんと深い時間を過ごせました。・*

こーる君とくーちんはきっと
最近留守番多いような…って思っているかな。

札幌はこれから雪が降るまで
お散歩に一番いい季節です。
今度は二人との生活を大切に過ごさなきゃって
思っています。

落ち着いたらまた
インテリアブログ復活します☆
ありがとうございます。・*
  • URL
  • 2013/10/21 15:35

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。